2018-2019年度 バリー・ラシン国際ロータリー会長テーマ
  優先事項)
1.クラブのサポートと強化

2.人道的奉仕の重点化と増加

3.公共イメージと認知度向上

   国際ロータリー第2710地区 吉原久司ガバナー信条と目標と重点運営方針
  (信条)「輝こうロータリー ふたたび!」
(基本目的)「仲間を増やそう、すべてはここから始まる」
(重点運営方針)
 1.藤中年度に継続して2016年規定審議会での決定事項の各クラブへの深化と
   情報収集
 2.クラブの活性化を支援し、新クラブを設立し、会員増強する
   (特に女性・若人)
 3.がん予防の普及推進とモニタリング
 4.ロータリー財団への寄付と補助金の積極的な活用
 5.好ましい公共イメージを推進し、地区のスポークスパーソンとなる
 6.地区戦略委員会とクラブ戦略委員会との連携・協力
 7.米山記念奨学会事業の理解と支援
 8.インターアクトクラブ、ローターアクトクラブ、RYLA、青少年交換の
   増強・支援
 9.IT、SNSの活用促進
 吉原 雍 周南西ロータリークラブ会長指針 
  (運営方針)
 「明るく楽しいクラブの伝統を維持、発展し、周南地域内でのクラブの存在感を
  高めよう」

(推進事項)
 1.会員の退会防止と増強(目標:新入会員2名))
 2.家族を含めた親睦活動推進
 3.地域活性化支援(子どもと動物園、大津島回天基地、児玉源太郎顕彰会)
 4.がん、ポリオ撲滅運動の維持と広報
 5.ロータリー財団、米山記念奨学会への支援


四つのテスト  The Four-Way Test
言行はこれに照らしてから  of the things we think,say or do 
   T 真実かどうか     T Is it the TRUTH?
   U みんなに公平か     U Is it FAIR to all concerned? 
   V 好意と友情を深めるか    V Will it build GOODILL and BETTER FRIENDSHIPS?
   W みんなのためになるかどうか   W Will it be BENEFICIAL to all concerned?

周南西ロータリークラブ概況
国際ロータリー2710地区、第4グループに所属する周南西ロータリークラブは、山口県の東南部に位置し周南地域の中心都市です。平成15年4月21日に徳山市、新南陽市、熊毛町、鹿野町が合併し周南市が誕生した。
県東部の産業基盤の中心地として発展し、特定重要港湾・徳山下松港など天然の良港を背景に、臨海部は石油や化学の基礎材料型産業を中心に日本でも有数の企業が立地し、一大石油コンビナートを形成している地域です。
          ○ 創  立 : 1980年(昭和55年)2月23日
          ○ RI承認 : 1980年(昭和55年)4月4日  
                    日本RC承認番号 No.1474
          ○ スポンサークラブ 徳山ロータリークラブ
          ○ 会員数  : 54名(2018年7月1日現在)


周南西ロータリークラブ 例会場・事務局  
  バナーの説明
このバナーは海を渡るお神興として、周南市ではとても有名なお祭りの様子で、周南市粭島の貴船神社の夏祭りの様子と周南市のシンボルであるコンビナートをデザインしたものです。
 
例会日:毎週火曜日 12:30〜
例会場:周南市遠石2-3-1 遠石会館
事務局:周南市若宮町2-47正興ビル2F
    TEL0834-21-6655
    FAX0834-21-6654
E-mail:info@shunan-west.jp
事務局員:坂根弥生
 

contents

周南西ロータリークラブ事務局

〒745-0016
山口県周南市若宮町2-47
正興ビル2F

TEL 0834-21-6655